代車が必要な場合には前もってご連絡ください。

お車をお持ちになる際には、車検証、自動車リサイクル券、旧自賠責保険証、納税証明書、認印をご一緒にお持ちください。 点検の過程で車検を受けるために必要な整備箇所が発生した場合、その整備に要する部品代および整備料金が必要となりますので、予めご了承ください。 自動車リサイクル料金を未納の場合は、自動車リサイクル料金(車ごとの料金)とリサイクル料金預託代行手数料(1,050円)が別途必要となります。

車検お申し込み

ページトップ

定期点検

自動車を安全で快適に使用するためには、自動車本来の性能を維持することが必要です。自動車に使用されている部品・油脂類は、使用していく過程で少なからず摩耗や劣化していきます。そのため定期的に点検・整備をおこない、ブレーキなど分解しないと解らない内部の部品の状態を把握して、いつでも安心して乗れるようチェックしましょう。
自動車を安心・安全に使用していただくには、最低でも1年に1度はオイル、ブレーキ、ベルトなどの消耗部品の点検・整備をおすすめします。ぜひこの機会に不具合箇所の早期発見、車検時の費用の軽減にもご活用ください。
参考:オイル交換の目安は半年(5千km)ごとです。

点検の過程で不具合箇所が発生した場合、その整備に要する部品代および整備料金が必要となります。

一般整備

「故障かな?」と思ったら何でもご気軽にご相談下さい。
もしも 「パンク」「バッテリーあがり」などでお車をお持ちいただけない場合には、出張サービスもいたしておりますのでお申し付けください。

ページトップ

取扱い商品

・自賠責保険
・自動車保険
(ONE SAP TEN LAP)
・火災保険
・傷害保険
・賠償責任保険
         など

提携保険会社

・株式会社 損害保険ジャパン
・JA共済(自賠責)
ページトップ

ETC車載機を自分で取り付けることは、基本的にはできません。設置位置の調整やセットアップ(車載器に車両情報をインプットする作業)は、専門業者でしかできないためです。
車載器は、アンテナとETC挿入部一体型と分離型があります。一般的に分離型の方が高価で工賃もかかります。
一体型はダッシュボードの上に設置します。それに対し分離型は小さなアンテナのみダッシュボードやフロントガラスに設置し、本体はハンドル下部などに設置できます。車載器が外から見えないので、防犯的には分離型の方が有利といわれています。

日本道路公団などで、ETC購入代金の補助を目的とした助成制度があります。詳しくはETC助成金制度http://www.go-etc.jp/jyosei/jyosei.htmlをご覧下さい。

ページトップ

クルマが道路上(自宅、駐車場含む)で故障又は事故のとき、国内ならどこでも24時間・365日、JAFの救援(JAFロードサービス)が受けられます。しかも、会員なら一部の作業を除き料金はほとんど無料です。


料金例
http://www.jaf.or.jp/memship/fr/index2.htm
家族会員、各種割引などお気軽にお問い合わせください。

ページトップ

故障や事故でクルマを動かせなくなったときには、レッカー車を呼んで移動させなければなりません。
保険会社によっては保険加入者に対してこのレッカー移動サービスを付帯サービスの一環として実施しているところがありますが、保険会社によっては無料のところもあれば実費が必要になることもあるので十分確認しておく必要があります。

伸和自動車でもレッカー移動サービスをしておりますので、詳しくはお問い合わせください。

ページトップ

facebookbnr

お値打ち!中古車勢揃い

各種サポートメニュー

SUZUKI

あいおい損保

東京海上日動

JAF